顧問よりご挨拶

精神保健の充実が叫ばれるようになって久しい。こころの病の早期発見と治療、再発防止には精神科の関与が必須であるが、その前提となる疾患予防や国民全体のこころの健康増進については、医療者の力が及ばない場合が多いことも痛感させられる。こうした時代に、ワーカーズコレクティブ ハートランドの取り組みは興味深い。個別・電話カウンセリングから子育て、アサーティブについての研修など多岐にわたるサービスが10数年にわたり継続して提供されている点、市民・消費者の視点を基本にした運営は信頼に値する。需要に供給が追いつかず疲弊気味の精神医療従事者としては、頼もしいパートナーを得た気分である。  

公益財団法人 横浜勤労者福祉協会 うしおだ診療所 副所長
精神科医 野末浩之

ワーカーズコレクティブ ハートランドは2002年に神奈川ゆめコープの心理カウンセリング ワーカーズとして発足しました。ワーカーズコレクティブ(W.Co)とは雇用される働き方ではなく、一人ひとりが持っている「知恵・時間・労力」を出し合って、仕事作りとこころの通い合うたすけあいの仕組みをつくることを目的にした非営利の組織のことをいいます。日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、フランスでは「アソシアシオン」のネーミングで非営利の民間組織として広く国民生活に浸透しています。

さて、イタリアの精神科医のロベルト・アサジョリは「すべての人間にはバランスのとれた人格を発達させ、自分自身を最大限に活かすことのできる潜在的能力があり、各自が自己の発達に責任がある」と言いました。わたし達はこの間、みんなで力をあわせながら女性も男性も、そして子どもから高齢者の方までを対象に、個人カウンセリング、各種講座、また専門家の養成講座を通じて「各自の能力の発揮」の応援をしてきました。もちろん私たち自身、海外も含め、日本全国の多くの方がたに支えていただきながら。

失敗しても大丈夫!人生は何度でもやりなおすことができる!

ご一緒に自分らしい人生の扉をノックしてみませんか?

田中恵子

共同代表挨拶 - クリックしてください。

暑い中での自己肯定感


暑い中での自己肯定感

花々で埋めつくされた横浜花フェスティバルも終わり、ミナトミライ周辺も静かに移り変わりました。

突き抜けるような青空に強い日射しがふりそそぎ、ギラギラと輝く海に変化していく夏がやってきました。 今年の夏は暑くなりそうですね。いかが過ごされますか。大自然にいだかれにアルプスの山々へ、真っ青な海へ、それとも在宅の日々でしょうか。

ストレスの多い現代社会で、特に暑い夏、怒りの持つマイナスのエネルギーは増加していきます。クーラーのスイッチをいくら低くしても効果はでません。それより日頃から笑顔でいる時間をふやし、嫌なことやショックなことがあっても、できるだけ演技でもよいから笑顔を保つ「笑顔は空気感染しますよ」不思議なことに、心はどんどんプラスのエネルギーへと変化していきます。


逆にマイナスエネルギーが増えると、心が折れやすくマイナスの出来事を引き寄せやすくなります。

心が折れやすい人は、他人の欠点を見つけ、攻撃的になることも多い。~今まで自由に生きてきたことを許されていたのに、集団のルールに従うことができず、また相手と折り合っていくことが難しく、何か言われたら自信が持てず、プライドが傷つき、自己肯定感も少しずつゆがんでいきます。同じことを言われても、受け止めかたは人によってちがいます。「曲がった枝はまた元に戻るが折れた枝は元に戻らない」 といわます。どちらが人生を楽しく生きやすいか、それは心が折れにくく、傷つきにくい人、他人の言葉に気持ちがぶれない自分の意志を持っている人。


今のままの自分を認めてあげ、できない自分も許してあげることで自己承認(ありのままの自分を認める行為)も高まります。


柳や竹のように強い力が加わっても「しなる」ように折れずに生きられる強さも必要なのです。

自己肯定感の高い人は、他人にいろいろ言われても、どのような環境にあっても、自分自身の価値は変わらないと考えているため、失敗しても自分にも原因があると考え、またやりなおしがしやすいと言われています。


元気で明るいプラス思考でいるとプラスのエネルギーが増えていきます。でも年がら年中ポジティブ思考になれない時もあります。

求めなさい、そうすれば与えられる。探しなさい、そうすれば見つかる。門を叩きなさい、そうすれば開かれる。~といわれますが、すぐには与えられない、見つからない、開かれない時もあるのです。


自分にとって辛いことや、人の欠点や過ちを攻めたてないで 「見ざる、聞かざる、言わざる」 の精神も心が柔らかく穏やかに~上手に生きていく一つの知恵なのかも知れませんね。

さ~暑い夏に自己肯定感をもって心穏やかに~

ハートランド共同代表

志岐恵華


トリプルP(Positive Parenting Program )で
夏休みを楽しく過ごす子育てのコツ

2017年 9月8日 金曜日 全1回
9月以降、毎月1回第2金曜日10:00-12:00

トリプルP (前向き子育てプログラム)とは
オーストラリア・クイーンズランド大学で研究開発され、世界25カ国で実施されている認知行動療法に基づく子育て方法です。 対象は、子どもたちを育てている保護者の皆様。子どもの年齢は、1歳ぐらいから12歳ぐらいまで。 2歳児のイヤイヤや、毎日の兄弟げんか、などなど子育てが上手くいかなくて悩むことがありませんか? 上手くいかない理由をさがしてみませんか。ちょっとしたヒントが、きっとみつかります。

会 場:横浜ワールドポーターズ6F NPOスクエア内ハートランド教室

受講料:全1回 (120分/回 ) 3,000円

講師 野北康子(保育士・トリプルP認定ファシリテーター)


9月 Noと言うこと
2017年9月2日(土)10:00-12:00 

10月 自己肯定
2017年10月7日(土)10:00-12:00 

月1回、無理なくアサーティブを学んでみませんか?まずはアサーティブを知り、自分自身に気づくことからスタートです。身近な人間関係で起こる不安、苦手意識、何となく感じる生きにくさなどの悩みに対応し、解決の糸口を見つけていくことができる講座です。いつからでも始められます。体験講座を事前に1回受講している方が対象です。毎月第1土曜日 10:00-12:00開講。

http://hlw.cside.com/ahc/cn3/kiso.html#kiso

ロールプレイを軸に個々の問題に取り組もう

日時:2017年924日(日)1330-1630

アサーティブの基本、自分も相手も尊重した自己表現を軸に「自分がどうしたいのか、相手とどういう関係を作りたいのか」を考えながら、少人数で伝え方の実践的な練習をしていきます。批判への対処の仕方や怒りなど感情のコントロールとその表現など個々の問題に丁寧に取りくみます。勇気を出してアサーティブなコミュニケーションにトライしてみませんか?企業のリーダーや対人援助職の方など、どなたにも役立つ講座です。

個人の問題をアサーティブスキルを取り入れながら、ご一緒に考えていきませんか。
マンツーマン形式です。その方にあったアサーティブの知識やスキルを取り入れることで、悩みや問題を無理なくトレーニングしていきます。
人前で自分の意見を言いたいとか、苦手な相手との付き合い方はもちろん、様々なハラスメントやトラウマから生じている人間関係の持ち辛さなどにも丁寧に対応していきます。
1回から受講可能です。日時は話し合って決めさせていただきます。



 2017年10月2日・16日・30日・11月13日 毎月曜日 13:00-15:30

1.花の心理効果 / 季節のアレンジ (季節の作品)
2.色の心理効果 / あなたを応援してくれる色をみつけましょう!
3.やさしくなれる花の知恵 / シェルと花せっけん
4.心が元気になれるメンタルケア / 母の日の作品
会 場:横浜ワールドポーターズ6F NPOスクエア内ハートランド教室
受講料:全4回 (240分/回 ) 14,000円 花材料費(各回毎)1,500円別途

ページの先頭へ